MustLoveJapan

重要伝統的建造物群保存地区

重要伝統的建造物群保存地区は、城下町、宿場町、門前町、寺内町、商人町、などで現在も多くの伝統的建造物が現存し、江戸時代の景観を良く残す地区の内、文部科学省が特に価値の高い物を選定した物である。まるで江戸時代や中世の日本を歩いているような体験が出来る、歴史を感じる風情あふれる街並みが良く保存されている地区である。

川越

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

川越(かわごえ)は、埼玉県にある蔵造りの街並みを持つ都市。小江戸と呼ばれる見事な街並みはまるで江戸時代を散策する様な雰囲気を持つ。都心からのアクセスも良く、埼玉県を代表する観光地である。江戸を守る防御の拠点として発展した城下町で、江戸の作りに似ている事から小江戸と呼ばれていた。一番の名所は蔵造りと呼ばれる時の鐘を中心とした蔵が立ち並ぶ商店街で観光と買い物が同時に楽しめる。1893年に大火事が発生した際、土蔵造りの蔵だけが焼け残った。その為、人々は頑丈な蔵をそのまま店舗として利用するようになり、現在の蔵造りの街並みが生まれた。他に、家光が生まれた喜多院やお菓子の問屋街菓子や横町、川越城などの観光名所がある。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【無】

アクセス
川越駅、本川越駅周辺

この特集のコンテンツ