MustLoveJapan

近江八幡

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

近江八幡(おうみはちまん)は、滋賀県琵琶湖南岸にある近江商人の街。1585年に豊臣秀次によって作られた城下町で、信長の安土城の城下町をそのまま移して街を形成した。琵琶湖を利用し中仙道沿いにあった近江八幡は近江商人を生み出し、財産を成した商人が築いた絢爛豪華な豪邸が今も残り江戸時代さながらの景観を持つ美しい街である。伝統家屋の一部は現在も店舗として使われている他、資料館として公開している建物も多い。その街並みはまるで時代劇のスタジオを散歩している様である。贅沢の限りを尽くした豪商の住宅を楽しみながら、ゆっくりと歴史散策が楽しめる。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
観光協会の施設を利用。

アクセス
JR東海道線近江八幡駅周辺。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 近江八幡

詳細案内

種類:家族旅行 一人旅 歴史散策 伝統家屋 小京都 着物の似合う町 城下町

近江八幡は、1585年に豊臣秀次によって造られた城下町である。築城の際、信長の安土城の城下町から職人や住人も移住させた。秀次は楽市楽座を開き日本中から多くの商人が集まり一大商業都市となる。城は後廃城となり城下町では無くなるが、中仙道の宿場町として栄えた。特に秀次の時代近江商人と呼ばれる実力派の商人が集まり巨大な経済圏を作り上げた。

近江商人が建てた絢爛豪華な住宅は、新町通り、永原町通り八幡堀に広がる。これらの地区は、近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区に指定され景観が保存されている。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)

// //