MustLoveJapan

妻籠宿

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

妻籠宿(つまごじゅく)は、長野県南木曾にある宿場町。中仙道六十九次で42番目の宿場町で、現在日本に残る宿場町で最も当時の面影を良く残す、木曽路を代表する観光名所である。日本で始めて伝統家屋の価値が認められ重要伝統的建造物群保存地区に登録された。その為に、築百年以上の伝統家屋が文字通り軒を連ねる。現在も、観光地として中仙道のさながらの姿で、国内海外共に人気が高い。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
JR中央線南木曽駅よりバス。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 妻籠宿

詳細案内

妻籠宿

種類:家族旅行 デートスポット 着物が似合う町 歴史散策 伝統家屋

妻籠宿は、中仙道六十九次、42番目の宿場町で、1843年には31の旅籠、本陣、脇本陣が在った。現在も現存する建物は多く、脇本陣は奥谷は1877年の建築である。また熊谷家は、19世紀初頭に建築された家屋である。また、本陣も復元されている。

旧中山道沿いの家屋は全て伝統家屋で近代建築の建物は一切無い。新しい建物の景観も全て昔の物に統一されている。まさしく、江戸時代の景観が今も残る宿場町である。

オフィシャルホームページhttp://www.tumago.jp/

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)