MustLoveJapan

現存天守

現存天守は、国内に現存する近代以前に建築された天守閣。現在12の天守が現存する。幕末から明治にかけての戦乱や第二次世界大戦での空襲により殆どが失われている。その為、戦国時代の建築技術を現代に伝える貴重な建造物である。特に姫路城、松本城、松江城などは5重6階の勇壮で巨大な建築物で木造建築としては世界最大級の規模である。戦国時代の様々な防衛の設備を伺う事が出来、そして権威の象徴として建てられた日本の文化と技術の集大成でもある。

犬山城

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

犬山城(いぬやまじょう)は、愛知県犬山にある城。現存十二天守の1つであり、国宝に指定されている。現存する天守で最も古く、木曽川を背に高さ88mの丘に優美にそびえ立つ平山城である。岐阜県との県境にあり、古くより戦略上の要所として尾張織田家の重要な城であった。別名を白帝城と言われる。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

料金:大人500円、子供100円
入場時間:9:00~17:00(入場16:300まで)

アクセス
犬山駅より徒歩15分。

この特集のコンテンツ