MustLoveJapan

佐倉

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

佐倉(さくら)は、千葉県の成田空港の近くにある武家屋敷と侍の都市。日本最大の武家屋敷群が残る。佐倉城跡を中心に、武家屋敷群や堀田邸など様々な歴史を持つ伝統家屋が今も残る。特に武家屋敷群は、屋敷以外にも生垣や通路なども江戸時代より変わらず当時の面影を良く残す。江戸時代の侍の生活を体験できる都市である。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

観光名所各所にあり。

アクセス
JR成田線佐倉駅、京成線佐倉駅に挟まれたエリア。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 佐倉

詳細案内

佐倉

種類:歴史観光 家族旅行 一人旅 武家屋敷 伝統家屋

武家屋敷通りには5つの武家屋敷が現存する。その内、旧河原家住宅・旧但馬家住宅・旧武居家住宅は現在資料館として公開している。土塁や生垣なども当時のまま残っており、当時の武家の生活が伺える。3つの武家はそれぞれ格式が違い、江戸時代の石高によって決められたそれぞれの生活水準を知ることが出来る。

旧河原家住宅は、武家屋敷通りにある最も古い侍住宅で、19世紀初頭に建てられた。河原家は石高300石の家老級の侍である。現存する伝統家屋は、良好な状態で保存されており、間取りや台所、居間、客間など最高級の武士の生活様式を知ることが出来る。

旧堀田家住宅は、佐倉藩最後の藩主・堀田正倫が1890年に建てられた大名住宅である。絢爛豪華な住宅は国の重要文化財に登録されており、庭園は千葉県の景色に選ばれている。

佐倉順天堂記念館は、千葉県佐倉にある日本最古の病院跡。1858年に蘭学の学校兼病院として建てられた。多くの書物と当時の学生に書かれた本が展示されている他、江戸時代の病院の様子や手術道具が転じされている。

武家屋敷通り、旧堀田家住宅、佐倉順天堂記念館の共通券がお徳である。

佐倉城は、鹿島親幹によって戦国時代に築城された城。1610年に徳川家康の命を受けた土井利勝によって、城が改修再建された。江戸の東を守る重要な城として堅固な城が建設された。1618年には現在の城郭となる。現在、堀や土塁の遺構が残る。桜の名所として親しまれている。