MustLoveJapan

旧堀田邸

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

旧堀田家住宅(きゅうほったけじゅうたく)は、千葉県佐倉にある伝統家屋。佐倉藩最後の藩主・堀田正倫が1890年に建てられた大名住宅である。絢爛豪華な住宅は国の重要文化財に登録されており、庭園は千葉県の景色に選ばれている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
料金:大人310円、子供150円。団体割引有り。
時間:10:00~16:30(入場は16:00)

アクセス
佐倉駅から徒歩20分。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 旧堀田邸

詳細案内

種類:伝統家屋 武家屋敷

佐倉藩最後の藩主・堀田正倫が1890年に建てられた大名住宅である。住居部の玄関棟・座敷棟・居間棟・書斎棟・湯殿および土蔵、門番所の7棟が国の重要文化財に指定されている。明治初期の建物として当時の面影を良く残す為、映画のロケなどにも度々使用される。

1階建てから2階建ての居住区からなる。1911年には風呂場が増設されている。入り口には見張りの蔵番長屋があり、脇には土蔵がある。全ての建築物が建てられた当時のまま現存する。

庭園は、芝生と赤松が中心で立石や燈籠を中心に造園されている。高崎川を一望出来る美しい景観を持つ。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)

// //