MustLoveJapan

上杉謙信

上杉謙信は、戦国時代最も有名で人気の高い戦国大名の一人。越後の龍や虎と呼ばれ、同じく英雄として肩を並べる武田信玄の宿命のライバルとして戦国時代活躍する。その圧倒的な強さから軍神と呼ばれたほどである。また、戦争以外にも越後国の経済と産業を多いに発展させた政戦両略の人物であった。越後を平定し、周辺の国を信玄や北条氏の侵略から救い続けただけでなく、武田信玄と織田信長の最大のライバルとして存在し続けた。

最後の句:
四十九年 一睡の夢 一期の栄華 一盃の酒
「49年の我が人生は、まるで夢のように儚く、一代の栄誉もまるで一杯の酒の様であった。」

川中島

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

川中島の戦い(かわなかじまのたたかい)は、戦国時代に上杉謙信と武田信玄がその覇権を争って熾烈な戦いが幾度も繰り広げられた戦場である。合戦は1553年から1564年にかけて5度も行われる。その内、最も有名な合戦は1561年に行われた、第四次川中島の戦いで、八幡原の戦いで知られる。武田信玄が本陣を敷いた場所は現在八幡原史跡公園となっていて、伝説の謙信と信玄の一騎打ちがあった場所とされる。二人の対決を再現した銅像が建っている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
戦地は、八幡原史跡公園を中心に、海津城、妻女山などが分布する。

アクセス
長野駅からバスで八幡原史跡公園まで。

この特集のコンテンツ