MustLoveJapan

みちのくの小京都「角館」


角館

角館をご存知?角館は秋田県にある「みちのくの小京都」と称させる美しい町です。見事な武家屋敷群と城下町が形成された時から存在する樹齢数百年の見事な樹木に囲まれた道は、独特の景観を備えた東北を代表する閑静ながらも優雅な町並みでとても人気があります。広い道に独特の黒塀と薬医門に樹齢250年を越す見事な枝垂桜やモミの樹木に囲まれており、着物が似合う町並みとしても有名です。歩きながら武家屋敷と静かな樹木が作り出す静かな風情に満ちた角館、一度是非訪れてみては如何でしょうか?




武家屋敷と庭園

武家屋敷には素晴らしい枯山水の日本庭園が備えられています。武家屋敷には6棟の現存する武家屋敷があり、侍の趣向に合わせた庭園が造園されている。また、造園当時から育つ樹木は現在樹齢数百年の見事な大木となっており、やわらかい日差しの差し込む情景を作り出しています。それはまるで武士の禅の精神を写しているよう。




青柳家

武家屋敷の一つである青柳家は角館最大の屋敷で、武器倉には多くの鎧兜や刀の他にも武家道具など様々な貴重品が展示してあります。角館の武家の精神を感じたあとは、実際の武士の武具を見ることでより深く侍精神を感じて見ましょう。さらに、石黒家では唯一座敷に上がることが出来ます。感じて、見た後は武士の精神を実際に触れてみましょう。



武士や歴史に興味がある人、東北での観光地を探している人。是非みちのくの小京都角館を訪れてみては如何でしょうか?



閑静で優雅、そして角館にしかない魅力を感じてみて下さい。