MustLoveJapan

あきた角館 青柳家

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

角館青柳家(かくのだてあおやぎけ)は、秋田県角館にある武家屋敷の一つ。角館では最大の広さを誇る住宅で、敷地内の広い庭には600種類の花や樹木が四季折々の表情を楽しませる。豪華な門と屋敷であり、1860年に建築された角館でも古い武家屋敷である。主屋以外にも米蔵や武器蔵などが現存し見事な刀や鎧兜が展示してある。青柳家は元は芦名氏の譜代で佐竹北家の組下になった武士である。代々高い格式を誇り、石高は104石であった。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【有】
料金:大人500円、中高生300円、子供200円。団体割引有り。
開館時間:9:00?17:00(11月?3月は16時まで)

アクセス
角館駅から徒歩15分。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 あきた角館 青柳家

詳細案内

あきた角館 青柳家

種類:武家屋敷

青柳家は、角館にある最も古い武家屋敷の一つ。また敷地も広大であり、武家屋敷である主屋以外にも蔵等があり、青柳家代々に伝えられた武具や美術品などが展示されている。3,000坪の敷地には広い庭があり600種類の花木が季節ごとの見所を演出する。特に樹齢数百年のしだれ桜や松などが美しく、角館を代表する景観を持つ。

見事な薬医門は1860年の銘がある。主屋も同時期に建築されたと推測される。青柳家武家蔵には刀や鎧・兜を始め、衣装など様々な侍の美術品が展示してある。他にも武家道具館やハイカラ館など様々な美術館があり、郷土館なども楽しめる。古来堂では稲庭うどんが楽しめる。

ホームページ: http://www.samuraiworld.com/