MustLoveJapan

日本全国七福神巡り

七福神巡りは古くから愛させる日本の観光ツアー。日本全国各所に必ずと言っていいほど存在し、様々な七福神の像を見ながら幸運を得るためにお参りします。御朱印もほとんどの場合特別な色紙などがあり、場所によっては宝船に乗った人形や特別な色紙に、巻物など様々な縁起物を集めて回るものもあります。基本的に御開帳は一月。年の初めに、縁起の良い物を集めて廻りましょう!

七福神
大黒天:
大黒天は、インドのヒンドゥー教のシヴァ神の化身、マハーカーラと大国主命が合体して出来た福の神。右手に打出の小槌、左手に福袋、2つの米俵に乗っている。

恵比寿尊:
日本の古来の漁業の神。七福神で唯一日本の神で、狩衣姿、右手に釣竿、左脇に釣上げた鯛を抱えている。

弁財天:
七福神の紅一点。ヒンドゥー教の女神サラスヴァティ。琵琶を持っている為に、音楽の神様と思われがちだが、泉の神様である。弁天堂は必ず水の側に祭られている。

毘沙門天:
仏教における神、ヴァイシュラヴァナで戦いの神。四天王の一人で、多聞天としても知られる。右手に宝塔、左手に鉾、黄色い甲冑に憤怒の表情で邪気を踏みつけている。

福禄寿:
中国の老子。道教における3つの縁起のいい言葉を合わせて出来ている。幸福(家族の幸運)、封禄(財産)、長寿(健康で長生き)からなる。大きな頭に、長いひげ、杖を持ち、長寿の象徴鶴を従えている。

布袋尊:
10世紀に実在した中国の禅僧。本名はカイシ。恰幅の良いお腹と、ナイスな笑顔がシンボル。持ち物は芭蕉扇と袋。いつも袋を担いでいたので、布袋とのあだ名が付いた。

寿老人:
道教の祖で老子が仙人化した姿。帽子に、杖、鹿を従えている。

浅草七福神

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

浅草七福神(あさくさしちふくじん)は、浅草観光の楽しみ方の一つ。浅草の七福神は9社寺で祀られ、全てまらると浅草を一周する。ご朱印を集めるための特別な色紙や、絵馬など様々な方法で浅草七福神廻りを楽しむ事が出来る。浅草の有名な社寺を廻る浅草七福神廻りはお勧めの浅草観光の方法の一つである。

観光情報
ご朱印は各社寺全て:300円。
色紙は300円で購入する事が出来る。

アクセス
浅草寺からスタートすると、大体3時間ぐらいで9社寺全てお参りできる。大体10キロほどの歩行である。吉原神社の社務所が休みの場合専千束稲荷神社で弁財天のご朱印が頂ける。

この特集のコンテンツ