MustLoveJapan

東北の桜はこれから!


若松城の桜

東京のさくらは散ってしまいましたが、東北のさくらはこれから。特に福島県はさくらの名所が盛りだくさん。4月中旬から下旬にかけて、色々な所でさくらが咲き乱れます。そこで、MLJはお城と桜を紹介。若松城は福島を代表するさくらの名所。若松城は、さくらの名所100選と日本の100名城の両方に選ばれる程の名勝。最近江戸時代と同じ様に赤い瓦に生まれ変わった天守閣と桜は見事に調和しています。戊辰戦争、会津戦争に思いを馳せながらの花見をするのも一興ですね。




白河上の桜

白河城は、福島県南部にある城趾。見事な石垣を今も残す城郭は、東北三名城の一つにも選ばれています。福島県の桜の名所としても知られ、二の丸の広場は花見には絶好のスポットである。再建された天守閣を見あげながら桜を楽しむのは城趾公園ならでは花見。本丸からは、白河の町が一望出来る景勝地でもあり、町中の桜が楽しめるスポットでもあります。




二本松城の桜

二本松城は福島最大級のさくらの名所。場内にはなんと4500本の桜が咲き乱れる。天守台は標高345mにあり、そこから見下ろす桜は圧巻である。もちろん、場内での花見も楽しめるスポットは沢山あります。桜の期間には露天も開いて、花見も簡単に楽しめます。



これら、3つの城趾は戊辰戦争でも舞台になった城で、歴史探索を楽しみながらも桜を楽しむのも、桜の楽しみ方の一つ。試してみませんか?