MustLoveJapan

白河小峰城

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

白河小峰城(しらかわこみねじょう)は、福島県白河にある平山城。福島の桜の名所の1つでもあり、日本100名城の1つでもある。城趾は国の史跡に指定されている。三重櫓の天守が復元されており、城郭には見事な石垣、堀、土塁が現存する。門や城壁なども再建されていて、当時の城郭の様子を体感できる迫力のある城である。東北では珍しい総石造りの城で、東北三名城の1つに数えられる。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

料金:無料
入場時間:10:00~17:00(4月~10月)それ以外は16:00まで

アクセス
白河駅より徒歩10分。

Wallpapers

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 白河小峰城

詳細案内

天守:復元天守
城郭の種類:平山城
天守構造:3重3階 複合式望楼型
築城年:1340年
築城主:結城親朝

古くは、1340年に、結城親朝が小峰ヶ岡に築城したのが始まりである。1627年に丹羽長重が移封され、現在の大規模な城郭に大改築し、1632年に完成した。

しかし、戊辰戦争において、奥羽越列藩同盟軍と新政府軍の激しい戦闘の舞台となり、建築物の大半を焼失してしまう。現在は、天守である三重櫓や、太古櫓、門や城壁が復元され当時の面影をよみがえらせている。

遺構は東北では珍しい総石造りの石垣と土塁、堀があり、国の史跡に指定されている。
現在2011年の東日本大震災の影響で石垣が崩壊し、本丸などの一部の地区には立ち入り出来ない。

オフィシャルホームページhttp://shirakawa315.com/sightseeing/komine.html

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)

// //