MustLoveJapan

川崎で江戸時代へタイムトラベル

東京近郊で歴史と文化と伝統建築を楽しめるスポットを探しているなら、川崎の日本民家園へ訪れてみよう。日本民家園には東日本中から移築された伝統家屋25棟が元々建てられた地方別に、昔の日本人の生活と文化と供に展示してあります。その中を歩けばまるで江戸時代の日本の村落を旅している様。多くの建物は17世紀に建築された現存する伝統家屋で、武家屋敷と違う当時の日本人の生活をそのまま伝えてくれます。日曜日には、民具や伝統工芸のデモンストレーションが行われ当時の生活を再現してくれます。

日本民家園は小田急小田原線向ケ丘遊園駅より南へ徒歩20分。新宿駅からすぐにありとっても便利。ツアーはここから始まります。また、日本民家園は生田緑地と呼ばれる巨大な森林公園の中にあり、ランチやピクニックを楽しめる広場があります。

もし、4月下旬や10月下旬に生田緑地を訪れれば、バラ園が開園され530品種、4700本の薔薇が美しく咲き乱れます。民家園からバラ園は東に徒歩20分程。生田緑地はまた菖蒲池があり、6月には見事なハナショウブが楽しめます。

そして、日本民家園を訪れるには6月がお勧め。近くに見事なアジサイの名所が幾つかあります。アジサイハナショウブはほぼ同じ時期に咲く為に、文化以外にも梅雨に綺麗な花を楽しんでみては如何でしょうか?日本民家園から30分、もしくはバラ園から20分で妙楽寺と言う小さなお寺が在ります。妙楽寺は川崎のアジサイの名所の一つで見事な庭園にはアジサイが沢山植えられていて、静かにお寺とアジサイが楽しめます。そして、妙楽寺からさらに東へ徒歩20分歩くと、東高根森林公園があります。ここも川崎のアジサイの名所の一つ。そして、見事な菖蒲池もあります。生田緑地も東高根森林公園も首都圏に在るとは思えない程の大自然が楽しめます。花が無くとも自然と触れ合うリフレッシュスポットとしても最高にお勧めです。日本民家園は大人だけでなく、子供でも楽しめるほど見事な建築物が立ち並ぶ家族旅行向けのスポットでもあります。

6月の日曜日に、日本の伝統とアジサイを同時に楽しんでみませんか?

日本民家園

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

日本民家園(にほんみんかえん)は、神奈川県川崎市にある日本中の古民家を移築して造られた伝統家屋の野外博物館。東日本を中心に日本中から移築された伝統家屋25棟が地域別に当時の生活を模して再建されている。内部の構造は建築当時の様子に復原されており、17世紀頃からの江戸時代の庶民の生活が良く体験する事が出来る。他にも移築された昔の水車に1857年に建てられた歌舞伎の舞台なども移築されている日本最大の伝統家屋展示場である。家屋以外にも武家屋敷の門なども移築されている。毎日、いくつかの家屋で虫除けの囲炉裏が焚かれている。又、毎週日曜日には民具作りの体験が開かれている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

料金:大人500円、学生300円、中学生以下障害者無料。
時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)11月から2月までは16:30。

アクセス
小田急線向ヶ丘遊園駅から徒歩。

この特集のコンテンツ