MustLoveJapan

東京日本庭園の桜巡り

春と言えばやっぱり桜。4月に東京に来たら、日本庭園を巡りながら桜を楽しむのも一興です。特に、六義園のしだれ桜は東京で最も有名な桜ですね。このコースは、徒歩で一日でゆったりと廻り、桜をお腹いっぱいに楽しめます。まずは九段下駅から靖国神社へ。靖国神社は桜の名所の一つですが、東京の開花宣言は靖国神社の開花状況で判断されるんですよね。靖国神社を抜けて外濠通りに向かいます。江戸城の外濠跡には見事な桜並木が飯田橋まで続きます。そして、そのまま小石川後楽園へ。後楽園は東京を代表する日本庭園で、見事な桜が沢山あります。日本庭園と桜はやはり最高の組み合わせの一つ。優雅な一時を与えてくれます。そしてそこから、六義園へ。途中ちょっと寄り道して播磨坂なんか通る
と、より桜を満喫出来ますよ。そして最後は六義園。六義園のしだれ桜は東京一と名高い見事な桜です。樹齢70年の巨大な桜をはじめ園内には大小さまざまな桜が六義園の庭園に見事に調和します。六義園は開花中は21時まで開演して夜桜も楽しめます。せっかく4月に東京に来たら、庭園巡りを楽しみながら桜を満喫してみては如何でしょうか?

九段下駅➡5分➡靖国神社➡5分➡外濠公園➡20分➡小石川後楽園➡20分➡播磨坂➡30分➡六義園

六義園で花見

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

六義園のシダレザクラは東京で最も有名なシダレザクラである。4月上旬に見事な花を咲かせる。夜にはライトアップも行われる。六義園には他にも素晴らしい桜が花咲かせ、開花時期には多くの訪問者が花見を楽しむ。

観光情報
駐車場 【無】
トイレ 【有】
露天  【無】
交通規制【無】
夜桜  【有】

開花時期:4月上旬
入場料:300円。子供150円。
宴会:不可

アクセス
駒込駅より徒歩。六義園にて。

この特集のコンテンツ