MustLoveJapan

織田信長

織田信長は、戦国時代最も有名で人気の高い戦国大名です。戦国時代の三英傑の筆頭で、1534年に生まれ、本能寺にて1582年に没した。

伝統にとらわれない独創的で革命的な発想で、日本の経済と政治の全てを一人で作り変えてしまう。信長の野望は尾張の小さい国で始まり、全ての国々を巻き込む戦雲となる。「天下布武」、武力によって天下を取る、又は天下を武家によって治めると解されるのが信長の思想。

信長の戦術は常に独特であり、その天才的な発想は桶狭間の戦いや長篠の戦で発揮される。信長の革命的な想像力は戦闘以外にも、政治や経済でも遺憾無く発揮される。楽市楽座を大規模な形で取り入れた初めての大名であり、経済の発展こそ力である事に最初に気づいた大名でもある。戦国時代で初めて職業軍人を設立した大名で、豊富な経済力を背景に軍事力を強めていった。

保守的な発想が強い日本にて、西洋文化もいち早く取り入れる。特に、鉄砲の有効性を伝来以来早くから認めていた。天守閣の発想を取り入れ安土城を築城し、城を城塞から権威の象徴として始めて築城した大名でもある。

戦国時代の風雲児として、全力で走り続けた信長は、自身が好んだ敦盛の歌の如く、49歳の若さで本能寺で没する。その後、彼の理想を受け継いだ豊臣秀吉によって天下統一が果たされ、徳川家康へと続き、戦国時代は終わりを告げる。家康はその後260年にも及ぶ天下泰平を築き上げた。信長とは、まさしく、戦国時代の終わりの始まりであった。

一乗谷

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

一乗谷(いちじょうだに)は、福井県福井市にある戦国時代の遺跡。一乗谷は戦国時代北陸を支配した朝倉氏の拠点で、当時京都を凌ぐと言われたほど優れた都市機能を持った城下町であった。1573年に織田信長に滅ぼされた後、一乗谷は現在に至る400年間全く使われなかった為に、戦国時代の都市の遺跡がほぼ完全な形で残されている。現在調査と共に、復原された城下町、現存する最古の日本庭園など、戦国時代がそのまま残っている。特に、日本中の城下町はほぼ全て江戸時代に形成・改修されているのに対し、一乗谷は戦国時代の大名の都市が残っている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

復原町並み
料金:210円
時間:9:00~17:00

アクセス
福井駅からバスで一乗谷武家屋敷前まで。

この特集のコンテンツ