MustLoveJapan

大名庭園

多くの日本の城郭は、素晴らしい大名庭園を備えています。大名庭園は江戸時代に造園された庭園が多く、京都から招いた有名な巨匠と豊富な資金を使って造られた絢爛豪華な日本庭園です。造園技術と芸術の最高峰、江戸時代の最高芸術を大名庭園は表現しています。

兼六園

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢にある日本庭園。日本三名園の一つであり、加賀歴代藩主により、長い歳月をかけて形づくられてきた日本を代表する回遊式日本庭園である。江戸時代の代表的な大名庭園としてすばらしいその景観は、国の特別名勝に指定されている。江戸時代の代表的な大名庭園としてすばらしいその景観は、国の特別名勝に指定されている。大名庭園にふさわしく土地の広さを活かし、庭の中に池を穿ち、築山を築き茶屋や石橋など、庭園を歩きながらさまざまな美観を楽しめる。四季折々の美しさを楽しめる庭園として、国内海外問わず多くの観光客に親しまれている。特に冬の白銀の世界に雪に備えに庭園に施される雪吊は冬の風物詩として情緒を添える。


観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
売店 【有】

営業時間:3月1日~10月15日 7:00~18:00 10月16日~2月末日 8:00~17:00
入館料:大人300円。子供100円。団体割引有り。
見学時間:1時間以上。

アクセス
金沢駅よりバスで兼六園下まで。

この特集のコンテンツ