MustLoveJapan

天赦園

観光案内

天赦園(てんしゃえん)は、愛媛県宇和島にある大名庭園。四季折々の風情が移る伊達家の名庭。宇和島藩7代目藩主・伊達宗紀が隠居の場所として造園した池泉回遊式庭園で、藤野はしが特に有名である。園内には茶室が備えられ、書院式茶亭である潜渕館は昭和天皇陛下が皇太子の頃、天赦園行啓の際に御座所にあてられたこともある。藤の他にも、花菖蒲や竹林も見事で秋の紅葉も美しい日本庭園である。国の名勝に指定されている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
料金:大人300円、中学生100円、小人50円。
時間:8:30~17:00 (7月~から3月は16:30)

アクセス
宇和島駅でバスで天赦園か徒歩でも20分。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 天赦園

詳細案内

天赦園

種類:大名庭園 藤の名所 国の名勝

天赦園は、愛媛県宇和島にある池泉回遊式の大名庭園。宇和島伊達家七代目藩主、宗紀が隠居場所として造園した庭園。藤の橋を含めて多くの藤棚があり、また伊達家の家紋「竹に雀」にちなんだ珍しい竹(金明竹・孟宗竹・黒竹・四方竹・亀甲竹・泰山竹・蓬菜竹・熊竹・オカメ笹)が池を巡るように植栽されている。他にも花菖蒲が6月には咲き乱れる。

また、園内には様々な立石が備えられてるのも見所の一つである。荘厳さ漂う枯川源流もある。

潜渕館と春雨亭の二つの茶室が備えられており、春山と名乗った宗紀が晩年茶道や書道を楽しんだ所である。

この庭園では、西郷隆盛や大村益次郎、高野長英などの志士が会見を行った場所としても知られる。