MustLoveJapan

房総半島観光

房総半島は千葉県南部を占める半島。東京湾を構成する半島で、内陸部は緑多くの自然の景勝地で、東京湾に面した西側を内房、東側を外房という。多くの漁港を有し、新鮮な魚介類が楽しめる。内房の名所は鋸山で、高さ40mの大仏や切り立った崖に立つ巨大な石像など見事な景勝地である。外房も同様に漁港が多く海の幸が豊富である。内陸部には大多喜や久留里など史跡も多く、養老渓谷と言ったまるで物語の様な景勝地も数多く存在する。西側にある九十九里浜は日本最大の海岸線で、夏には多くの人が海水浴を楽しみに訪れる。

このエリアのコンテンツ

エリア地図 千葉県

観光案内情報 房総半島観光

房総半島は千葉県南部を占める半島。東京湾を構成する半島で、内陸部は緑多くの自然の景勝地で、東京湾に面した西側を内房、東側を外房という。多くの漁港を有し、新鮮な魚介類が楽しめる。内房の名所は鋸山で、高さ40mの大仏や切り立った崖に立つ巨大な石像など見事な景勝地である。外房も同様に漁港が多く海の幸が豊富である。内陸部には大多喜や久留里など史跡も多く、養老渓谷と言ったまるで物語の様な景勝地も数多く存在する。西側にある九十九里浜は日本最大の海岸線で、夏には多くの人が海水浴を楽しみに訪れる。