MustLoveJapan

須坂

観光案内

須坂(すざか)は、長野県北部にある蔵の町。町には多くの蔵造や伝統家屋が立ち並ぶ。須坂は江戸時代に須坂藩主堀氏の館町として、また大笹街道と谷街道の交差する場として、商業が栄えた。その後明治から昭和にかけて製糸業で隆盛を極めた。その往年の豪商の屋敷が今も多く残っており、一般に公開されている。昔ながらの趣のある街並みを散策できる。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
長野線須坂駅から徒歩。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 須坂

詳細案内

須坂
種類:古民家 昔の町並み

須坂クラシック美術館は、長野県須坂にある古民家と蔵を利用した美術館。日本画家の岡信孝画伯からの寄贈を受けた古民芸コレクションを収蔵する「‐岡信孝コレクション-須坂クラシック美術館」として開館。クラシックと蔵の町を合わせた思いの美術館である。須坂で成功した牧家によって明治時代初期に建てられた豪華な伝統的町屋で、長屋門、土蔵、主屋、上店が残る。蔵では岡信孝氏のコレクション約2,000点を中心に、大正末期から昭和初期の着物や、大正ガラス、李朝民芸など、昔の生活の品々を展示してある。

旧小田切家住宅(おたぎりけじゅうたく)は、長野県須坂にある古民家。蔵の街須坂を代表する古民家で明治時代初期に建てられた建築で、糀・油・蚕糸・呉服商などを営んで得た財で作った絢爛豪華な建物が楽しめる。巨大な門をはじめ店としても活用されていた、入り口の建物に客間、居間など各所に匠の技が見られる。また長屋門と石橋の組み合わせは須坂唯一。また蔵などにもユニークな趣向が楽しめる。須坂を代表する古民家である。

豪商の館 田中本家博物館は、長野県須坂にある豪商の館。田中家は、江戸中期創業。代々須坂藩の御用達を務め、その財力は須坂藩をも上回るとまで言われた北信濃屈指の豪商「田中本家」。その北長野随一の財を築いた田中家所蔵の貴重な品々を展示している。その質と量の豊富さから近世の正倉院とも言われている。田中家家伝の書画、陶器など貴重な所蔵品が展示されている。また、住宅自体も大きなもので蔵が20棟もあり、敷地には池泉回遊式日本庭園がある。また、古い家屋を利用したカフェやレストランなどもあり、趣のある庭園で食事なども楽しめる。