MustLoveJapan

保渡田古墳群

観光案内

保渡田古墳群(ほどたこふんぐん)は、群馬県高崎市にある古墳群。北関東には多くの古墳が存在しており、ここ高崎にも多くの古墳が存在する。保渡田古墳群には3つの大きな前方古墳群があり、五世紀後半から6世紀前半に築造されたと考えられる。八幡塚古墳は綺麗に再現されており、石棺のある部屋などが見れるようになっている。多くの出土品や遺跡にかんしてはかみつけの里博物館にて展示されているので見学する事が出来る。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
車:関越自動車道前橋ICから車約15分
電車:JR高崎線高崎駅からバス約30分


The Place of Memories Please watch our movie.

MLJオンラインショップ

横浜映画クラブ 映画好き集まれ!

周囲の地図情報 保渡田古墳群

詳細案内

保渡田古墳群
二子山古墳
二子山古墳は、墳丘長108メートル、後円部径74メートル、高さ10メートル、墳丘部が三段築成で、前方部幅71メートル、高さ7メートル。南東1kmにある豪族居館を拠点として、榛名山麓の井ノ川流域を統治した豪族の墓である。保渡田古墳群で最初に築かれたことがこの地に進出し、山麓水源地帯を押さえて大規模な農業経営を行った人物が埋葬されていると考えられる。当時の群馬県地域は、わが国のなかでも優勢な地域のひとつであった。二子山古墳の被葬者は、その上毛野を代表する人物であり、大和王権にも関係していたと考えられる。

八幡塚古墳
墳丘長102メートル、後円部径56メートル、高さ現存約6メートル、前方部幅53メートル。高さは削平されて分からない。周濠は馬蹄形で二重に取り巻き、さらに外側を幅の狭い外周溝が巡る。内濠部のくびれ部と後円部後側に4基の中島が配置されている。墳丘には葺き石が葺かれ、円筒列が墳丘裾部、中島裾部、中堤縁に見られる。

薬師塚古墳
墳丘部が西光寺の堂宇や墓地のため、多くが削り取られている。