MustLoveJapan

伊賀上野

観光案内

伊賀上野(いがうえの)は、三重県伊賀市にある忍者の町。服部半蔵で有名な伊賀忍者の郷である。町の至る所に忍者が潜んでいるので注意が必要な町である。中心にはシンボルである伊賀上野城と城内には、忍者屋敷がある。また、松尾芭蕉の誕生の地でもある。俳句で有名な芭蕉であるが、彼もまた幕府の諜報を行っていた忍者である。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【無】

アクセス
伊賀線上野市駅周辺。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 伊賀上野

詳細案内

伊賀上野

種類:忍者の郷 家族旅行 歴史散策 伝統家屋 小京都


伊賀は京都奈良と伊勢神宮を結ぶ交通の要所として栄えた。その為、建築物は京都の影響を強く受けている。京都風の町並みは小京都と称されている。

江戸時代の詩人、松尾芭蕉の誕生の地であり、彼の生家は今も現存し公開されている。松尾芭蕉は伊賀出身の隠密で、日本中を旅したのは密偵の活動や地質調査を行っていたのではと言う説もある。実際、芭蕉所縁の地は峻険な場所も多く、尋常じゃない肉体を保持していたのは事実である。もし、この説を否定し、彼を純粋な詩人であると考えた場合、400年経った今も彼の忍者としての技術は高かったと認めざるを得ない。

伊賀の侍は古来より、隠密活動、密偵に優れていた。その隠密技術が忍術として世間に知られるようになっている。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)