MustLoveJapan

明治維新

明治維新は、18世紀中期に起きる、江戸時代から明治政府へ、将軍から天皇へと政治体制の転換とそれに伴う改革。日本の近代国家への変貌させた日本史上最も重要な改革の一つである。欧米列強の軍事的進出にたいする攘夷運動が倒幕運動へと発展。京都を中心に尊王攘夷派と佐幕派が激しく激突するなど、京都は大混乱に陥る。この混乱に乗じてあの新撰組などが活躍し、歴史に名前を残す様になる。また明治天皇を擁し新政府を樹立しようとする維新志士が立ち、坂本龍馬や木戸孝允、西郷隆盛、大久保利通といった英雄を生み出して行く。1867年に最後の将軍・慶喜が大政奉還し、王政復古が成立する。一般に大政奉還までを幕末と呼ぶが、その後に始まる新政府と旧幕府勢力の間の戦争である戊辰戦争まで、
幕末のイベントと解釈されている事が多い。
多くの英雄を生み出した、日本最後の内乱であり、近代国家への夜明けの時期である。

この小カテゴリーのコンテンツ

白虎隊の墓

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

白虎隊の墓(びゃっこたいのはか)は、福島県会津若松にある最も人気のある観光地の1つ。飯沼山の中腹にあり、白虎隊隊士の墓が並ぶ。白虎隊とは1868年の戊辰戦争で最も激しい戦闘の1つ、会津戦争の際、16歳から17歳の若者で急遽構成された舞台である。戊辰戦争の悲劇として知られる。毎年200万人のファンが墓詣に訪れる。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
会津若松駅よりバスで飯沼山まで。そこから徒歩。