MustLoveJapan

近藤勇の墓

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

近藤勇の墓(こんどういさみのはか)は、東京都板橋にある。近藤勇の墓は全国各所に存在するが、板橋の墓は、明治の世まで生きた新撰組の生き残り二番隊組長永倉新八によって建てられた。かつての朋友近藤勇と土方歳三の墓が有り、彼自身の墓もある。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【無】

アクセス
板橋駅より徒歩2分。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 近藤勇の墓

詳細案内

近藤勇の墓

1868年、近藤勇はここ板橋で処刑された。彼の首級は、京都に送られ晒され、体は三鷹に埋葬された。永倉新八は1876年にかつての朋友、近藤勇と土方歳三の墓をこの地に建てた。

永倉新八は、戊辰戦争を生き残った数少ない新撰組の隊士の一人で、新撰組を本に書き記し後世に残した。今日の新撰組の評価は彼の本に由来する所が大きい。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)