MustLoveJapan

山寺

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

山寺(やまでら)は、山形県山形市にある立石寺を中心とした観光名所。山寺の名が示す通り、切り立った崖に寺院が建てられており中国の山奥の様な神秘的な景観を創り出している。立石寺は日本でも有数の古刹で、山頂の境内からは見事な景色が一望出来る。歴史と自然の調和した名勝で、松尾芭蕉も奥の細道で有名な詩を残している。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
JR仙石線山寺駅周辺。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 山寺

詳細案内

山寺

種類:家族旅行 一人旅 歴史観光 社寺巡り 名勝巡り

山寺は、立石寺と門前町から成り立つ。駅前には小さな土産やや飲食店が建ち並ぶ。駅を挟んで山寺とは反対側に山寺風雅の国がある。ここは、土産物屋やレストラン、ギャラリーなどがある。

立石寺(りっしゃくじ)
立石寺天台宗の寺院。通称は山寺で知られ、古来より悪縁切り寺として信仰を集める。現在も平泉中尊寺・毛越寺、松島瑞巌寺とともに「四寺廻廊」という巡礼コースを構成していて、山形有数の観光地でもある。切り立った岩山の山頂に多くの寺院が建っており、独特な景観を持つ。特に断崖絶壁にそびえ立つ寺院は圧倒的な迫力があり、またそこから一望する景色は美しい。開山は860年、慈覚大師によって開かれた。東北を代表する古刹である。松尾芭蕉の奥の細道の有名なうた「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」を詠んでいる。

急峻な坂道を登るため足腰の弱い一は注意が必要。

山寺風雅の国
山寺風雅の国は、山寺にあるショッピングモール。レストラン、土産物屋、喫茶店、ギャラリーなどが入っている。土産物屋には、東北の工芸品や特産品が集められ販売している。円仁さんと呼ばれる茶菓子は美味である。山寺芭蕉記念館などがある。


(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)