MustLoveJapan

神余の弘法井戸

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

神余の弘法井戸(かなまりのこうぼういど)は千葉県館山市の巴川にある井戸。黄色味をおびた塩水が湧き出ており、地元では弘法井戸とか塩井戸、弘法水などと呼ばれている。千葉県の指定有形民俗文化財に指定されている。


観光情報
駐車場【無】
トイレ【無】
売店 【無】


アクセス
立山駅よりバスで神余まで。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 神余の弘法井戸

詳細案内

「809年、金丸巨麻太宗光の家臣杉浦吉之丞の妻が、夫の私語その霊を弔いながら貧しい生活をしていたところ、旅の僧が訪れました。女性は小豆粥を持てましたが、その粥に塩気がないのを不思議に感じて僧が訪ねると、貧しくて塩が買えないと答えました。すると僧は皮に降り、手に持った錫杖を地面に突き刺し、祈祷しました。そして錫杖を引き抜くと、塩辛い水が噴き出したといいます。以来、そのおかげで塩を手に入れることができるようになりました。その後、その僧が弘法対しであることが分かったそうです。神余に残る言い伝えは千葉県内に残る典型的な弘法伝説だとされています。」。

(参照:現地観光情報等)


清水の湧口 IW017

清水の湧口(しみずのわきぐち)は、岩手県陸前高田にある湧き水。岩手県の20名水の一つに選ばれている。一日に1万7千トンもの水が流れ出ている。水の温度は一年を通じて暖かい。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【無】
売店 【無】


アクセス
国道343から、県道246を北へ。

詳細
この水は絶対に涸れないと言う伝説がある。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)

// //