MustLoveJapan

寺町寺院群

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

寺町寺院群(てらまちじいんぐん)、もしくは寺町台は、金沢を代表する観光地の一つ。金沢城の南側に位置し約70の寺院が建ち並ぶ寺町である。残したい日本の音風景100選にも選ばれており、多くの寺院が建ち並ぶ美しい景観は
重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。忍者寺として知られる妙立寺がメインの観光地であるが、立派な門構えや塀の寺院も多く大変見ごたえの有る町並みである。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【無】
注意:寺院の見学はマナーを守って。

アクセス
金沢駅から城下まち金沢周遊バス・左回りで広小路(にし茶屋街)まで。そこから徒歩。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 寺町寺院群

詳細案内

種類:寺町 着物の似合う町並み 京都風 北陸の小京都 重要伝統的建造物群保存地区

寺町台は、慶長期から延宝期にかけて、寺院群が形成されたと考えられている。前田家墓所へと至る旧野田道の直線的な街路にそって寺社が騒然と建ち並ぶ野田寺町と、白山への参道路である旧鶴来道沿いに町家が連なる寺社門前地の泉寺町から形成されており、二つの寺町が対比する特徴的な景観を有する。

伝統的な町家の家並みの間に現れる寺院の山門や土塀、その奥に広がる境内の緑は町並みに変化を与えると共に、この町の特徴となっている。

忍者寺として知られる妙立寺が観光として有名である。

// //