MustLoveJapan

浅草寺羽子板市

観光案内

羽子板市(はごいたいち)は、浅草寺で行われる羽子板の市。毎年12月17日から19日に行われる。浅草の羽子板市は都内最大の羽子板市で大小様々豪華絢爛な羽子板が販売される。羽子板は縁起物として女子が産まれた家に贈る風習が江戸時代より始まり、現在も女子に送ると良いと続けられている。浅草寺で行われるイベントとしては年越しを除き年内最後の催しである。

観光情報
駐車場 【無】
トイレ 【無】
露天  【有】
交通規制【無】

開催日:12月17日~19日
時間:終日

アクセス
浅草駅より徒歩。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 浅草寺羽子板市

詳細案内

浅草寺羽子板市

場所:浅草寺境内
祭りの種類:羽子板市 

羽子板は本来正月の遊びの一つ羽根突きで使われる板だが、江戸時代後期より女性魔除けの縁起物として女子が誕生した家に羽子板を送る風習が生まれた。羽子板は害虫を食べるトンボに似ている(悪い虫が付かない)、羽根突きの豆(むくろじ)が魔滅(まめ)に当てられる魔除けになる事から女性への縁起物とて扱われるようになった。江戸時代は羽子板以外にも正月の縁起物を取り扱った総合市であったが、現在は羽子板のみを販売する市場として続いている。一つ一つが職人の手作りで同じ物は二つと無い。

オフィシャルホームページ http://www.senso-ji.jp/annual_event/osamenogoennichi.html

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)