MustLoveJapan

佐原

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

佐原(さわら)は、千葉県香取にある小江戸な町。利根川を利用した水運で栄えた町で、「江戸優り」と呼ばれるほど栄えた。江戸時代の面影を残す町並みが現在も小野川沿岸や香取街道に残っており、小江戸と呼ばれている。その景観は関東で初めて、重要伝統的建築物群保存地区に指定された。江戸時代より残る建築物は現在も、醸造所や旅館、土産物屋として使われている。特に醸造所は300年以上の歴史を持つ老舗である。7月と10月に山車祭が開かれる。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【無】

駐車場は少ない。

アクセス
JR成田線佐原駅周辺。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 佐原

詳細案内

種類:伝統家屋 家族旅行

佐原の歴史は3世紀から始まる。この地は14世紀ごろまで香取神宮の社領であった。水運の玄関となる町で、江戸時代は利根川を利用して多くの物が運ばれる物流の要所であった。江戸には、食料、酒、醤油などが運ばれ、江戸からは衣類や家財道具、雑貨などが運ばれていた。北の国々の商人が集まり江戸の商品を買い求める一大市場であった。

江戸から持ち込まれた建築文化などがが見られその為、佐原は江戸が知れる町、小江戸として知られていた。

日本地図を書いた、伊能忠敬は佐原で生まれた。彼の母屋と店舗は現在も残る。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)