MustLoveJapan

真田町

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

真田町(さなだまち)は、長野県上田にある真田家発祥の地。戦国時代の有名な猛将の一人真田幸村を生み出した真田家の郷で、祖父に当たる真田幸隆が武田信玄に使えた事から一族の伝説が始まる。幸隆は信玄二十四将の一人に数えられる程優秀な武将であった。真田町には、真田家の居城や、多くの史跡が残り、真田十勇士の忍者達の修行の場とされる場所が各所に存在する。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

スポット各所に駐車場はある。

アクセス
信濃線上田駅よりバスで真田まで。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 真田町

詳細案内

種類:戦国時代 歴史観光 真田十勇士 

真田幸隆は、甲斐武田家に仕えた武将で武田信玄の二十四将の一人に数えられる。信玄の代から陣営に加わり、息子の昌幸と共に多くの戦いに参加する。武田家の滅亡の後豊臣秀吉の傘下に加わる。この時、幸村で知られる真田信繁は豊臣方に、長男の信之(当時は信幸)は徳川方に付いた。関ヶ原の戦いの後、その武功で信之は松代の藩主となる。

真田城は、16世紀頃真田家によって築城された。真田昌幸が上田に新たに城を建てるまで居城であった。U字型の崖に囲まれた天嶮の要害で、開かれた斜面には武家屋敷が並んでいた。頂上からは真田の景色が一望出来る。

角間渓谷は、猿飛佐助岩越えの稽古をしたとされる。

千古滝は、霧隠才蔵が雲隠れの修行を行った滝である。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)

// //