MustLoveJapan

落柿舎

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

落柿舎(らくししゃ)は、京都市嵯峨野にある日本庭園。松尾芭蕉の門弟、俳人・向井去来が建てた家屋と庭園跡である。17世紀末に建てられ、松尾芭蕉も三度来庵している。1770年に再建された家屋に、俳句の為に植えられた四季折々の花が楽しめる庭園で、嵯峨野を代表する観光地の一つである。また、京都で最も有名なしし脅しがある。かつて芭蕉などの俳人がしたように、気ままに詩を読んでみるのも良い庭園である。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【無】
料金:200円
時間:9:00~17:00(1月、2月は10:00~16:00)
大晦日元旦休み

アクセス
JR山陰線嵯峨嵐山駅から徒歩15分。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 落柿舎

詳細案内

種類:歴史観光 俳句 松尾芭蕉

落柿舎は京都市嵯峨野にある、俳句のための日本庭園と伝統家屋。松尾芭蕉の門弟で俳人・向井去来の遺跡である。去来は1687年には落柿舎を営んでいた。芭蕉は1689年に初めて訪れて以来、3回来庵している。1691年に訪れた芭蕉はこの地で「嵯峨日記」を書き上げている。現在の落柿舎は1770年に井上重厚が再建したものである。園内には、俳句の季語になる四季折々の花が植えられており、定期的に句会が開かれる。

「柿主や梢はちかきあらし山」去来
落柿舎の名前の由来でもある。ある日荒らしが庭に実っていた柿を一晩で落としてしまった。その時に、今までに見る事が出来なかった見事な嵐山を望む事が出来た時に詠んだ俳句である。1772年に井上重厚が建立した洛中一古い句碑に刻まれている。

「五月雨や色紙へぎたる壁の跡」芭蕉
嵯峨日記の最尾に記された句。

他にも芭蕉が逗留した際に、定めた制礼があり、「雑魚寝をする時は、寝相良く、鼾をかかない事」や「煙草を嫌がるな」などユーモア溢れるルールが記されている。よほど、門弟のいびきがうるさかったのであろうか。

落柿舎には最近建てられた建物が在る。間取りは、1770年に建てられた物と同じで、句会などに利用されている。

// //