MustLoveJapan

美濃市

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

美濃市(みのし)は岐阜県にあるうだつのあがる町。美濃和紙と和紙で財産を成した商人が建てた賢覧豪華なうだつ付きの伝統家屋が建ち並ぶ、うだつのあがる町並みが特徴である。うだつとは「うだつのあがらない」の語源となった防火設備で、家事が広がるのを防ぐために長屋造りの家の両脇に建てられた壁である。何時の頃からか財産を築いた商人たちが贅沢なうだつを構えるようになる。この為、うだつの揚げられなかった商人を称して「うだつのあがらない」人といわれるようになった。美濃市には豪商が建てた伝統家屋に備え付けられた豪華なうだつの装飾は、鬼瓦、破風、懸魚など贅沢な装飾が施されたうだつの家が建ち並ぶ。新しいものと古いものが融合する町である。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
観光協会指定の駐車場。トイレは観光協会番屋を利用。

アクセス
南越美線美濃市駅より徒歩。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 美濃市

詳細案内

美濃市

種類:着物の似合う町 うだつ 伝統家屋 家族旅行

観光名所

うだつの上がる町並みは、重要伝統的建築物群保存地区に指定されている。うだつと呼ばれる防火設備が特徴の家屋が軒を連ね江戸時代さながらの町並みを残す。これらの家屋は美濃和紙の生産で一財産を築いた商人達が競って建てた絢爛豪華な、建築物で当時最先端の技術と最高の資材を利用して建てられた豪華な家である。また見事なうだつを家屋に備えることで、その財産を示した事から、うだつの上がらないの語源とも成っている。

美濃和紙あかりアート館は、あかりアートの優秀作品を展示してある美術館。あかりアートは美濃市で毎年10月に開かれる光と和紙のアート展で、毎年発表される優秀作品がこの美術館で展示されている。一階には、和紙を活かした様々な商品が販売されている。

美濃小倉城は、平山城。標高159mの山頂の上に築城された城で、展望台からは美濃の景色が一望出来る。サクラの名所としても知られ、約1000本のサクラが植えられている。

小坂家住宅、国の重要文化財に指定されている伝統家屋。江戸時代から今も営業を続ける造り酒屋で、現在も営業している。天井がアーチ型になっている珍しい伝統家屋で江戸時代最高峰の技術とされる。長屋の道沿いが店舗で置くが酒造所と成っており、見学が可能。明治時代に改修された物の、江戸時代の建築を大変良い状態で保存されている。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)