MustLoveJapan

豆田町

観光案内

豆田町(まめだまち)は、大分県日田にある江戸の町並みが残る町。江戸時代に建造された多くの伝統家屋が現存し、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。江戸時代は天領として栄えた城下町で当時の面影を今も色濃く残す。多くの伝統家屋が現在も住居や店舗として利用されており、まるで江戸時代の町を散策しているような景観を楽しめる事から、九州を代表する観光地の一つである。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
久大本線日田駅より北へ徒歩。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 豆田町

詳細案内

豆田町

種類:昔の町並み 伝統家屋

豆田町は、大分にある伝統家屋群が存在する町。江戸時代の建築物を多く有し昔の町並みが残る町として知られる。

草野家住宅
草野家住宅は、豆田町にある伝統家屋で最も古い伝統家屋の一つで、最も古い建物は1725年に建築された主屋仏間で他にも多くの建築物が18世紀に建築されている。九州を代表する居蔵造町屋であり、豪商の生活文化を良く使える建築が今も良好な状態で保存されている。国の重要文化財に指定されている。


廣瀬資料館
廣瀬資料館は、豆田町にある伝統家屋や蔵を利用した資料館。もともとは天領時代に掛屋として財を成した廣瀬家の住宅であり、現在は廣瀬家の多くの資料が展示されている。

薫長酒造
薫長酒造は、豆田町にある酒蔵。江戸時代、1702年に作られた蔵で現在も変わらぬ酒を造り続けている。蔵の一部を資料館として開放しており、伝統的な酒造りの道具や資料が展示されている。お土産売り場には醸造された酒が販売されているほか、カフェもある。