MustLoveJapan

高野山 大門

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

大門(だいもん)は、高野山全体の総門。朱塗りの巨大な門で、1705年の建立された建造物である。阿吽の仁王像は、江戸時代の仏師・康意と運長の大作である。西向きに開かれた門で、夕日が非常に美しく、夕日百選にも選ばれている。また、世界遺産に登録されており、国の重要文化財にも指定されている。

観光情報
駐車場【無】
トイレ【有】

アクセス
高野山駅より南海りんかいバスで大門まで。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 高野山 大門

詳細案内

高野山 大門

種類:総門 仁王像 世界遺産

大門は、和歌山県高野山全体の総門。11世紀末に現在の位置に建てられた。現在の門は1705年再建の物。幅21.5m、奥行き7.9m、高さ25.1mの巨大な門。

金剛力士
阿形像は、江戸時代の仏師・康意の作品。
吽形像は、法橋運長の作品。