MustLoveJapan

清水寺

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

音羽山清水寺(おとわさんきよみずでら)は、京都を代表する寺院の一つ。778年、延鎮上人によって開山した平安遷都以前に開山した古寺である。特に1633年、徳川家光によって再建された本堂は、「清水の舞台」と呼ばれ国内外問わず有名である。日本でも有数の観音霊場であり、金閣寺、嵐山と並び京都を代表する寺院で、UNESCOの世界遺産にも登録されている。

観光情報
駐車場 【無】
トイレ 【有】

拝観料:大人300円、子供200円。
参拝時間:6:00~18:00(冬季には短く、夏季には長くなる)

アクセス
京都駅よりバスで清水道まで。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 清水寺

詳細案内

清水寺

宗派:北法相宗大本山
寺格:大本山
開基:延鎮上人
創建:778
正式名称:音羽山清水寺

清水寺は、平安遷都以前から京都にある古寺の一つ。778年に延鎮上人よって開山する。延鎮上人は、「木津川の北流に清泉を求め行け」という霊夢を受け、音羽山麓にある滝にたどり着き、そこで出会った行叡居士から霊木を授かり、千手観音像を奉刻し観音霊地を護持するように遺命を託された。その後、延鎮上人は「観音の化身である」と悟り千手観音を刻んで草庵と観音霊地とした事が始まりである。

その後、清水寺は、霊験あらたかな観音霊地として広く永く信仰を得てきた。「枕草子」や「源氏物語」といった古典にも東上し、能狂言や、歌舞伎、落語にも登場するなど、階級を問わず敬愛されている。

本堂(清水の舞台)
現在の本堂は、1633年徳川家光の寄進によって再建された。檜皮葺きで、正面36メートル強、側面約30メートル、棟高18メートルの大堂。正面左右に入母屋の翼廊が突き出した構造である。清水の舞台と呼ばれる部分は、山の斜面に139本のケヤキの柱によって支えられている。釘を一切使っておらず、懸造と呼ばれる。舞台からは、春の桜、秋の紅葉と四季折々の景観が楽しめる。また、重要な法会には、舞台奉納が行われる。

音羽の滝
奥の院の建つ崖の下にある、清水寺の寺号の由来である霊水で、3本の筧から水が流れ落ちている。

仁王門 重要文化財
室町時代の建立で朱塗りの見事な門。

馬駐 重要文化財
参拝者が馬をつないだところ。室町時代の建立。

西門 重要文化財
1631年に建立。檜皮葺きの切妻造の門。

三重塔 重要文化財
西門の先に立つ。寛永再興時の再建。高さ約30m。

奥の院 重要文化財
本堂の全貌を見渡すことが出来る位置に建つ。寛永再興時の再建。

オフィシャルホームページ http://www.kiyomizudera.or.jp/index.html

(参照:オフィシャル情報)