MustLoveJapan

上山温泉

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

上山温泉(かみのやまおんせん)は、山形県の中央にある温泉郷。城下町の温泉街として知られ、シンボルでもある上山城の北側には現存する武家屋敷群がある。足湯や公共浴場が各所にあり、また源泉も多く見ることが出来る。開湯は15世紀中頃、肥前の僧侶・秀月による。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
公共温泉【有】
料金:100円から150円程度

アクセス
JR奥羽線かみのやま温泉駅周辺。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 上山温泉

詳細案内

水質:低張性弱アルカリ性 ナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩温泉
効能:効能美肌、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、婦人病、冷え性、動脈硬化症、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、くじき、慢性消化器病、病後回復期、疲労回復、健康増進など

種類:温泉街 武家屋敷 城下町

ヨーロッパの冒険家、イザベラ・バードが1878年にこの地を訪れ東北一の景観と褒め称えた。上山温泉の文献における初見は1459年、肥前の僧侶・秀月が傷ついた鶴が傷を癒しているのを発見したことによる。その為、「鶴脛の湯」とも呼ばれていた。

源泉豊富で、7つの温泉街からなる温泉郷である。上山城を始め各所に足湯や源泉の湧出場所があるほか、公共浴場も多い。また武家屋敷以外にも、伝統家屋も多い江戸の城下町の温泉郷として楽しめる町である。


オフィシャルホームページhttp://kaminoyama-spa.com/

注:効能は全ての人にその効果を保証するものではない
(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)

// //