MustLoveJapan

富田林寺内町

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

富田林寺内町(とんだばやしじんないまち)は、江戸時代の町並が残る大阪府のスポット。40余りの江戸時代に建築された伝統家屋が今も良好な状態で残り、まるで江戸時代の町並を歩いてるような景観を持つ。その為、全体が重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。着物が似合う町並である。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
駐車場は、富田林市役所を利用する事を進める。
トイレは、じんないまち交流館、寺内町センターにあり。
交流館では散策マップが貰える。
杉山家以外は普通に使用されている民家です。入れません。
静かに散策しましょう。

アクセス
近鉄長野線富田林駅から徒歩20分。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 富田林寺内町

詳細案内

富田林寺内町

種類:着物が似合う町 伝統建築物 江戸の町並

寺内町は大阪府富田林市の旧市街地で江戸時代中期以降に建築された民家が約40軒、往年の姿そのままに現存されている町並である。その為江戸時代のような町並が現在も良好な状態で保存されており、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。戦国時代は興正寺別院の寺町として栄える。江戸時代には交易物流の町として在郷町として発展していた。

旧杉山家住宅(重要文化財)
寺内町に現存する最も古い家屋。17世紀中期に建築された。とても良好な状態で保存されている珍しい民家である。
料金:大人400円、15歳以下200円。
時間:10:00 - 17:00 (冬期16:00)
休館日:月曜日