MustLoveJapan

ひがし茶屋街

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

ひがし茶屋街は、金沢にある三つの茶屋街で最も大きい茶屋街。多くの伝統家屋が建ち並び、石畳の道に紅殻格子の茶屋が建ち並ぶ。京都のような昔の雰囲気を残しており、特に着物を着ての散策が楽しめる金沢でも人気の高いスポット。多くの伝統家屋は、茶屋や料亭、土産物屋として現在も使われており、この美しい景観は重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
金沢駅東口7番のり場から橋場町バス停まで。そこから徒歩。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 ひがし茶屋街

詳細案内

ひがし茶屋街

種類:伝統家屋 京都の町並み 着物の似合う町 北陸の京都

ひがし茶屋街(東山茶屋街)は、金沢の北東部にある茶屋街。卯辰山山麓寺院群と隣接しており、金沢の人気の観光地である。特にメインの石畳の道からの景観は金沢を代表する景色となっている。石畳に、紅殻格子、うだつなど昔の町並みを色濃く残す。江戸時代のような雰囲気が楽しめ、着物を着ての散策がとても似合う。

志摩
1820年に建てられた茶屋建築。茶屋建築は二階が客間となるために、二階部分が通常よりも高い。全国でも数少ない現存する茶屋建築であり、国の重要文化財に指定されている。