MustLoveJapan

飛騨古川

観光案内

飛騨古川(ひだふるかわ)は、岐阜県を代表する観光名所の一つ。多くの伝統家屋を有する趣のある町である。特に瀬戸川沿いにある白壁土蔵街は高山の奥座敷と称され、飛騨に残るもう一つの古い町並みとして知られる。また立ち並ぶ伝統家屋は独特の建築用法が見られ、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
JR高山線、飛騨古川駅から徒歩直ぐ。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 飛騨古川

詳細案内

飛騨古川

種類:城下町 白壁 趣のある町並み 京都風町並み 着物が似合う町

飛騨古川は、岐阜県飛騨市にある城下町の雰囲気を残す景観が綺麗な町。飛騨古川の町屋の多くは、かつて奈良の都の建造物造営に活躍したと伝えられる「飛騨の匠」の技術を今に受け継ぐ地元大工の伝統広報によって建造されている。

周囲との不調和(そうば崩し)を嫌う住民自らの意思により、古川独特の建築意匠で棟梁のシンボルでもある軒下の彫刻装飾「雲」や出窓、出格子、土壁などが施され、統一感があり懐かしさを思い起こさせる美しい町並みを形成している。

瀬戸川の白壁土蔵街は趣のある白壁と土蔵が立ち並び、小さなせせらぎの瀬戸川ながれるこの景観は最も日本らしい景観の一つとして大変人気が有る。また、川には1000匹余りの見事な鯉が放たれている。長さは500mで小さな散歩が楽しめる人気のスポットである。