MustLoveJapan

八幡岬公園

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

八幡岬公園(はちまんみさきこうえん)は、千葉県勝浦にある岬公園。戦国時代は勝浦城があった城址公園でもある。岬には徳川家康の側室お万の方の像があり、太平洋が一望出来る。園内には子供の遊具もある。

観光案内
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
JR外房線勝浦駅から徒歩20分。


MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 八幡岬公園

詳細案内

八幡岬公園

勝浦城は、戦国時代中期1539年から1541年頃に正木時忠によって築城されたと考えられている。正木氏は1590年の徳川家康の関東移封によって領土が接収された。その時に、お万の方が徳川家康の側室となり、初代紀州徳川徳川頼宣と初代三戸徳川頼房を生んでいる。

園内には、お万の方の像があり、太平洋を見つめている。岬の展望台からは太平洋が一望出来る。

また、子供用の遊具もある。