MustLoveJapan

芭蕉翁生家

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

芭蕉翁生家(まつおばしょうおうせいか)は、三重県伊賀市にある史跡。俳聖・松尾芭蕉が生まれ育った生家が現存している。芭蕉は1644年にこの家で生まれ幼少より藤堂藩伊賀の侍大将藤堂新七郎家に仕えて当主と共に俳句を学ぶ。その後江戸に出て俳句に置ける地位を確立し、全国を旅して周りながら多くの唄を残す。1694年に大阪にて無くなる。この生家では、芭蕉が生まれ育った屋敷が現在も色濃く残っている。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
料金:大人300円、学生100円
時間:8:30~17:00(入場は16:30まで)

アクセス
上野市駅から徒歩10分。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 芭蕉翁生家

詳細案内

種類:松尾芭蕉

松尾芭蕉は1644年にこの家で生まれ育つ。現在、現存する家屋は若干の改変は余儀なくされているが当時の面影を良く残している。長屋作りの家屋で土間や坪庭の他、風呂場や便所なども復元されている。庭には、釣月軒があり、ここは芭蕉が処女句集「貝おほひ」を執筆したところである。芭蕉は伊賀に帰省した折にはこの建物で生活していた。

// //