MustLoveJapan

剣術者

多くの剣豪が戦国時代から明治維新にかけて活躍しました。特に戦国時代は、戦国大名が群雄割拠したのと同じく、様々な剣術の流派が誕生し、多くの剣豪が剣技を極めんと戦乱の世を渡り歩きその奥義を広め伝えていきました。有名な流派は、柳生新陰流、香取神道流、鹿島新当流、二天一流、一刀流などが戦国時代では流行りました。明治維新では、新撰組の天然理心流や、北辰一刀流などがあります。これの剣豪縁の地を巡るのは、歴史ファンだけでなく、武道家にとっても聖地巡礼の価値がありましょう。

宮本武蔵

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

宮本武蔵(みやもとむさし)は、岡山県と兵庫県の県境にある美作の町。宮本武蔵の出生の地として知られる。武蔵の生家や墓、父の新免無二と祖父の墓、二刀流を考案した神社などがある。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

武蔵資料館で地図が手に入る。

アクセス
智頭線宮本武蔵駅周辺。

この特集のコンテンツ