MustLoveJapan

湯築城

観光案内

湯築城(ゆずきじょう)は、愛媛県松山にある城趾。現在は道後公園として整備されている。平山城で外濠と内壕が在り、濠の間には武家屋敷が復元されており、居住区が再現されている。また資料館があり様々な郷土資料が展示してある。本丸に当たる丘の頂上には展望台が設置されており、松山の景色が一望出来る。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
伊予鉄道城南線道後温泉から徒歩。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 湯築城

詳細案内

湯築城

天守:非現存
城郭の種類:平山城
天守構造:無し
築城年:14世紀前半
築城主:河野氏

河野氏は、源平合戦で源氏方で功績を上げ伊予国の統率権を得る。元寇で河野通有が活躍し、確固たる地位を鎌倉幕府にて築く。南北朝の頃に湯築城へと河野氏は移る。その後、伊予国の政治の中心として250年以上戦国時代存在する。1585年に豊臣秀吉の四国攻めの際、小早川隆景によって開城した。

現在は道後公園として整備されている。公園南部では発掘調査の成果をもとに建物や土塀、排水溝、池などを復元し、武家屋敷が2棟復元されている。