MustLoveJapan

湯島天満宮

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)は、東京都文京区にある天満宮。通称湯島天神で知られる。江戸東京の代表的な天満宮であり、学業の神様である菅原道真を祀っている。その為、多くの学生や学問に携わる人々が合格祈願に訪れる。又、境内の梅林は見事で文京の五大花祭りの一つにも数えられる。創建は458年で、天之手力雄命を祀る神社であった。東京では最も古い神社の一つである。天満宮として合祀したのは、1355年である。

観光情報
駐車場 【有】
トイレ 【有】
宝物殿 【有】

拝観料:無料
参拝時間:6:00~18:00

アクセス
東京メトロ千代田線湯島駅より徒歩。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 湯島天満宮

詳細案内

主祭神:
天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)
菅原道真公(すがわらみちざねこう)
創建:458年
主な神事:例祭日 五月二十五日

湯島天神は、458年に勅命により創建されたと伝えられ、天之手力雄命を祀ったのが起源である。その後、1355年に郷民が道真公の御偉徳を慕い、合祀し天満宮となる。1478年には太田道灌が再建し、1590年に徳川家康が江戸城に入ると湯島の地を朱印地として寄進した。江戸の泰平の永き間、文教大いに盛んとなり、学者・文人の参拝は絶えること無く、現在も続く。

境内の梅林には20品種、300本の見事な梅が植えられている。

オフィシャルホームページhttp://www.yushimatenjin.or.jp/pc/index.htm

(参照:オフィシャル情報)