MustLoveJapan

由比宿

観光案内

由比宿(ゆいじゅく)は、東海道五十三次・16番目の宿場町である。東海道の宿場町では面影を残す多くの建物がある。由井正雪の生家があり、本陣跡には東海道広重美術館などがある。次の宿場町に至峠に薩?峠があり、見事な富士見スポットで有名である。また、薩?峠の前には間の宿と呼ばれる茶屋が中心の宿場町がある。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
JR東海道線、由比駅。


特集

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 由比宿

詳細案内

由比宿

種類:東海道五十三次 昔の町並 由井正雪

由比宿は、東海道五十三次・16番目の宿場町である。1843年には本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠屋32軒の小規模な宿場町であった。

由比本陣公園
本陣跡に建てられた公園。休憩所や案内所の他に、東海道広重美術館なのだがある。

東海道広重美術館
1300点の浮世絵が展示されている。

東海道由比宿交流館
カルチャー、観光、レストの三つがあり、観光情報を得る事が出来る。

名主の館 小池邸
明治期に建てられた東海道の名主の館。国の登録文化財に登録されている。地元の貴重な品々が展示してある。

正雪紺屋
創業400年の染物屋。由井正雪の生家と伝えられる。建物は180年前に建てられた建築であり、昔の甕が今も残る。

薩埵峠
薩埵峠は、静岡県にある峠。東海道由比宿と興津宿の間にある東海道の難所の一つである。峠からは美しい富士山と駿河湾が一望出来、歌川広重の東海道五十三次の由比宿もこの薩?峠からの富士山を描いている。