MustLoveJapan

湯殿山神社

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

湯殿山神社(ゆどのさんじんじゃ)は、出羽三山の一つ。湯殿山は、山形県の中央、月山南に位置する標高1504mの山でもっとも聖域とされる山である。その為に、本宮への参拝は必ずお祓いを受けなければならず、裸足で参拝する。湯殿山では、人工の物は一切許されず、社殿も設けていない。現在の羽黒山、過去の月山に対して、湯殿山は未来である大日如来と一体になって感得するのが慣わしである。

参拝者情報
駐車場【有】
トイレ【有】
祓料:500円。
時間:9:00~16:00
期間:4/29~11月上旬
※撮影不可。

アクセス
JR鶴岡駅よりバスで湯殿山神社まで。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 湯殿山神社

詳細案内

主祭神:大山祗命(おほやまつみのみこと)、大己貴命(おほなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)の三神

湯殿山は、出羽三山の一つ。標高1504mの霊山で湯殿山神社本宮はもっとも神域とされる。羽黒山は観音菩薩(現在)、月山は阿弥陀如来(過去)、葉山や薬師岳は薬師如来(未来)とされ、それらの加護と導きにより現在・過去・未来の三関を乗り越え、湯殿山の大日如来(三関を超越した世界)の宝窟に安住し、即身成仏(生きたまま悟りを開く)の妙果を得るというものである。

素足となって登山するのが慣わしで、これは、大日如来と一体になって感得するためである。また古来より湯殿山には人工の社殿は設けていない。

// //