MustLoveJapan

柳之御所遺跡

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

柳之御所遺跡(やなぎごしょいせき)は、岩手県平泉にある遺跡。奥州藤原氏の政庁が在った場所である。藤原清衡・基衡の館が在った場所で、出土品には中国産の白磁の壺、東海地方の陶製の大甕、さまざまな木製品、遺構には堀や塀、井戸や池などが発見されている。資料館が隣接しており、そこで展示されている。義経が奥州に滞在した際はここに居座った。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

アクセス
平泉駅より徒歩20分。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 柳之御所遺跡

詳細案内

柳之御所は、平安末期の政庁跡で奥州の王藤原氏の居城跡である。平泉館として「吾妻鏡」にも記載されている。遺構は、平安時代の建築技術を良く残しており、当時の京都の様子を知る重要な遺構である。また、東北の発展の中心となった場所としても重要な遺跡である。

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)

// //