MustLoveJapan

大室山の山焼

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

大室山の山焼(おおむろやまのやまやき)は、静岡県伊東市の大室山で行われる伊東を代表する季節のイベント。標高580mの大室山を丸ごと焼く豪快な催し物で、700年以上の伝統を誇る。圧倒的な迫力を誇るイベントで、毎年多くの観光客が見学に訪れる伊豆の一大イベントである。2月の第二日曜日に行われ、まずお鉢焼きが火口で行われ、正午に全山焼が行われる。巨大な山が瞬く間に燃え上がり、30分も掛からずに焼きつくしてしまう。

観光情報
日付:2月第二日曜日
時間:
お鉢焼 9時頃
全山焼 12時頃
車での見学は大変込むので、電車での訪問を進める。
お鉢焼きは山頂で見学出来るが、全山焼までには一度立ち入り禁止になる。山焼き完了後再び、登る事が可能。

アクセス
伊東駅から東海バスで伊豆シャボテン公園まで。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 大室山の山焼

詳細案内

種類:山焼き 伝統行事

2月の第二日曜日に開かれる700年以上の伝統を誇る行事。山を一つ丸ごと焼くイベントの迫力は圧倒的。点火からおよそ15分ほどで山が焼けてしまう。伊藤が誇るイベントの一つで、毎年多くの人が訪れる。古くは枯れ草焼く事で、山に生息する虫を春の前に駆除する目的で始まったと伝えられる。

さくらの里広場で見学すると芝生の上から山全体を見る事が出来る。山が丸々焼かれる為、山が見える所であれば何処でも見学は可能。

// //