MustLoveJapan

山中諏訪神社

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

山中諏訪神社(やまなかすわじんじゃ)は、山梨県山中湖にある神社。富士山の麓にある神社で、安産・子授・縁結びのご利益があり多くの人で賑わう。秋には見事な紅葉を見せる。9月4日から6日にかけて行われる例祭は「安産祭り」としてもしられ、神輿を担いだ女性は安産が約束されると言われている。

観光情報
駐車場 【有】
トイレ 【有】
宝物殿 【有】

拝観料:無料
参拝時間:終日

アクセス

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 山中諏訪神社

詳細案内

主祭神:
建御名方命(たけみなかたのみこと)
豊玉姫命 (とよたまひめ)
創建:西暦104
主な神事:例祭 「安産祭り」9月4日~6日

創建は、西暦104年に国中に疫病が蔓延した時、勅命をもって土人創杞されたのが始まりとされる。966年に、諏訪大明神を祀り諏訪神社となる。1552年には、武田信玄が、北条氏との合戦に際し、必勝祈願の御加護を請い奉らんと、本殿を寄進した。

1684年に、本殿を修築、現在に至るまで、安産子授けの守護神として崇敬されている。例祭は「山中明神安産祭り」といわれ、多くの妊婦や新婚女性が集まる祭りとして有名である。

オフィシャルホームページ http://www.suwajinja.com/

(参照:オフィシャル情報)

// //