MustLoveJapan

村上・若林家住宅

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

村上・若林家住宅(むらかみ・わかばやしけじゅうたく)は、新潟県村上に残る武家屋敷の一つ。1800年頃に建てられた、中級武家の屋敷。国の重要文化財に指定されている。若林家は、村上藩の物頭役150石の侍であった。珍しい曲屋造茅葺平屋で、典型的な中級武家住宅の様子を良く伝えている。美しい日本庭園もあり、見事な松が見られる。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】
料金:大人500円、小中高学生250円
団体割引有り
おしゃぎり会館と共通
時間:9:00~16:30

アクセス
JR羽越線村上駅より徒歩。

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 村上・若林家住宅

詳細案内

種類:武家屋敷 歴史観光 一人旅 ひな人形

若林家住宅は、村上に残る武家屋敷の一つ。150石の中級武士の武家屋敷で、1800年頃に建てられた伝統家屋である。曲屋造の茅葺平屋で、部屋割りも細かい。式台玄関や日本庭園がある格式高い様子がうかがえる。

若林家は旧甲州武田氏の遺臣と考えられ、1674年に内藤家に召し抱えられ以後6代に渡り明治維新まで家臣として使える。731人中54番目の藩士に記されている。

東日本では数少ない現存する中級武家屋敷の遺構として、国の重要文化財として指定されている。

3月の村上のひな人形展の展示会場の一つでもある。

オフィシャルサイト : http://www.iwafune.ne.jp/~osyagiri/

// //