MustLoveJapan

卯三郎こけし

Get the Flash Player to see this video.

観光案内

卯三郎こけし(うさぶろうこけし)は、群馬県北群馬郡にあるこけし工場。創立者である岡本卯三郎氏が考案した素晴らしいこけしを今も製造する。伝統的なこけしに、近代的なデザインを加えたこけしを多くそろえる。こけし工場の見学の他に、デザイン体験も楽しめる。また、創作こけし大会の優秀作品を展示しているコーナーもある。

観光情報
駐車場【有】
トイレ【有】

時間:9:00am to 4:00pm

アクセス
上野三山パノラマ街道沿い

アクセス

By Car

By Train

MLJオンラインショップ

周囲の地図情報 卯三郎こけし

詳細案内

種類:こけし工場

卯三郎こけしは300種類のこけしを販売する群馬県のこけし工場である。卯三郎こけしのこけしは、お土産の他に、結婚、母の日、父の日、誕生日、端午の節句、ひな祭り、敬老感謝の日など様々なお祝い事に合わせて多様なデザインのこけしが販売されている。デザインの多くは創始者岡本卯三郎氏の考案し優秀作品に選ばれたこけしを、販売用に制作した物が基本となり新しい発想を取り入れて制作されている。

特に、卯三郎こけしの独特なデザインは、1つの木を卵形にやさしく削った一片の木材からデザインするこけしである。また群馬県には優れたケヤキが多く、独特な木彫を活かした自然なデザインのこけしも特徴である。

このように、伝統的な様式に、モダンアートの要素を多く取り入れ、自然を活かしたデザインが特徴の卯三郎こけしである。ギャラリーには1000作品にも及ぶ、こけし大会の優秀作品が展示されている。

オフィシャルホームページhttp://www.usaburo.com

(参照:オフィシャル案内現地観光情報等)